人と自然にやさしい木の家

地球と環境にとって優しく大切な資源である木材。
少ないエネルギーで加工でき、しかも再生可能な
すばらしい特質を持っています。
木を大切に育てて使い、循環させることで、森は健康に
機能します。
木の家に暮らすことは、環境と健康を守ることにつながって
いるのです。

  新建材住宅の高気密・高断熱によるカビ・ダニ、そして
それが原因のアトピー症・化学物質過敏症などが問題に
なっています。  

無垢の木は湿気を吸ったりはいたりして湿度を調節する
自然のエアコンです。
この吸湿性により結露もしにくいのです。

さらに木のもつ殺菌効果と調湿効果で、ダニなどの
繁殖を抑えます。
また、吸音作用を持つ人にやさしい素材です。




子ネズミの生存率


木製の飼育箱で育ったネズミは生存率が
高く、子も多いという結果が出ています。

  当社には木の性質を最大限に生かす職人の確かな
技術があります。
   
床下を高くするなどの乾燥と通風の対策をし、大切に
住めば、風土の気候に長年耐え、100年以上長持ち
します。




建物の耐久性をおびやかす湿気に対して床下に
防湿シートを敷き、床下換気口を 採用。
大切な住まいを守ります。



  住宅は将来の暮らしかたの変化に合わせてリフォーム
できるかがとても重要な要素です。

柱と梁で屋根をささえる軸組み工法の木造住宅は柱や梁を
動かしたり、はずしたりするような大胆な増改築も可能で
設計・間取りの自由度が高い柔軟性に優れた工法です。







 
 
木材は空気をいっぱい含んでいるので熱を伝えにくい 特性があります。  
木の熱伝導率は鉄やコンクリートより低いのです。

木造住宅は火事になった場合でも倒壊する恐れが 鉄骨に比べ少なく、
軸組はしっかりと残ります。
木は燃えると表面が炭化してそれより中は燃えにくく なるのです。

  良質な木材を柱・梁・土台に使用して、基礎がしっかり
していれば  木造建築は地震に弱いということはありません。
 
木は 重さあたりの引っ張り・圧縮に対する強さは鉄より強く、
同じ建物を作る場合、鉄に比べ重量がより軽くできます。  

木と鉄の重さあたりの強度比較
(相対比較)




木は重さあたりの引っ張り強度で
鉄の約3倍、 曲げ強度で16倍もの
強さがあります。

地震の振動エネルギーは
建物の 重さに比例して大き
くなるので、 柱と梁で骨格を
作り上げた在来 軸組工法 は
地震国日本にもっとも 適した
住宅といえます。

強靭な鉄筋コンクリートベタ基礎仕様




基礎は家の過重をしっかりと
支え、 地盤に伝える大切な
部分です。
当社では鉄筋を全面に配筋
した ベタ基礎を標準にしており、
強い 耐震性を発揮。

また、過重を分散させることに
よって 不同沈下が起きにくく、
家をしっかり 支えてくれます。
耐震金物






地震の際には構造体に強い引き抜き力が
かかります。構造強度をさらに高めるため
に、当社では耐震金物を随所に使用して
います。

これにより基礎、土台、建物が強固に
一体化し、地震などの外力に対し強度を
保ちます。

  工事費は決して高くありません。  
性能の優れた多様な木材を適所に使い分ければ
良質な木造住宅を低コストで建てることもできます。
同じ性能・品質であれば、他の工法住宅より
高いということはありません。

お客様のご要望でいろいろなランクの住宅を作ることができます。





HOME  l  施工事例 l 製材業 l 会社情報 l  イベント